読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるバミューダ使いのヴァンガード解説ブログ

初心者向けにヴァンガードの解説をしていくゾ

番外編 ヴァンガード知識講座② ~互換カード(サイクル)について~

どうも皆さん、最近ブログを作るのって大変なんだなと改めて実感したじゅんくです。

 

今回は番外編その2ということで互換について説明していこうと思います。

長々と話してもあれなので、さっそく本題にレッツゴー(* ̄0 ̄)/ 

 

…そもそも互換っていったい何?

まあまずはこの話ですよね。

 

説明しよう!互換とは、各クランに配られている、効果が(ほぼ)同じカード群のことである( ・´ー・`)

 

 

(。´・ω・)?って顔をしてるそこのあなた!

詳しくは下をご覧ください

(うまい流れが見つからなかったんや。勘弁して(><))

 

<互換カード一覧>

~超越関連編~

① クロノジェットサイクル

クロノジェット・ドラゴンをはじめとする

「あなたのGユニットが超越したとき~」の効果を持つニットたちの総称。

一応刀剣乱舞を含む全クランに配られていて、「特定のユニットが超越したとき~」というこのサイクルの亜種型も登場してたりする。

自分の使いたいクランにはどんな効果が来てるのか調べてみるといいかも。

 

②シシルス互換

 

月桂の騎士 シシルスをはじめとした

(1)特定のグレード3(クロノジェットサイクル)をサーチする能力

(2)超越するときにグレード3として扱える

という2つの能力を持つカード!

基本的に超越をしやすくするカードで、上記のクロノジェットサイクルをサーチ出来るためとても汎用性が高い。是非試してみるべし( ´∀`)bグッ!

 

③ツインソードサイクル

ナイト・オブ・ツインソードをはじめとする

「このユニットがヴァンガードにアタックしたとき、このユニットがブーストされているならCB1で効果を使用できる」

という効果を持つユニット群。

基本的に、スペリオルコール(デッキからの特殊召喚)や退却(俗にいう破壊的な)、スタンドなどクランの特性に合わせた能力を所持している場合が多い。

大体のクランに配られていて、汎用性も高いのでオススメ!

ちなみに、ストラクチャーの出ているクランではそちらに収録されてます(´∀`)bグッ

 

④グリマーブレスサイクル

グリマーブレス・ドラゴンをはじめとする

「<クロノジェットサイクル>がヴァンガードにいるならCB1とSB1を払うことで効果が使用できる」

という効果をもつユニット群。

(CB=カウンターブラスト、SB=ソウルブラスト)

そのクランの特性に合わせた効果となっているため、とても面白い使い方が出来る。

しかし、ツインソードサイクルとは異なり配られていないクランもあるので注意!

 

⑤ドキドキ・ワーカー互換

ドキドキ・ワーカーをはじめとする

「<クロノジェットサイクル>がアタックしたときにソウルに入って1ドロー、ヴァンガードにパワー+5000」

を与えるクリティカルトリガー達の総称。

一応、Gユニットでクロノジェットサイクルと同じ名称が出ているため、基本的にどのデッキでも入れることは出来るので汎用性は高い。

名称のトリガーを優先しないのであれば入れておいて損はない。

 

~双闘以前の互換編~

⑥バニホ互換

 バーニングホーン・ドラゴンをはじめとする

「アタック時、<特定の名称>を持つヴァンガードがいるならパワー+3000」

という能力を持つユニット達の総称。

効果は単純だがその汎用性は高く、裏に7000ブースターを置けば

12000+7000=19000

となりG2(パワー9000)に15000要求を強いることが出来る。

入れるものに迷ったらとりあえず入れてみるのもアリ!!

 

⑦バニラ

 ドラゴンナイト ネハ—レンをはじめとする、効果のテキストを持たないユニット達の総称。

基本的に使われることは少ないが、防御力をあげたいときやリアガードのライン(前後の合計パワー)を調整したい時などに使われる。

ちなみに、各グレードのパワーは

G3 10000

G2 10000

G1 8000

で固定となっているので、覚えておくといいかも。

 

⑧ケイ互換

 友誼の騎士 ケイをはじめとするバニホ互換のG1版。

(画像見にくいのは許して( ̄▽ ̄;) )

ぶっちゃけ、速攻デッキ以外にはあまり入らない。

逆に言えば、速攻デッキを組みたいなら候補に挙がる一品。

まあこんなのあるんだ程度でも・・・(。´・ω・)?

 

⑨レモネード互換

 バトルシスター レモネードをはじめとする

「登場時にソウル2枚→カウンター2枚表」

に変換できるユニット達の総称。

カウンターを多く消費するデッキには入れて損はないカードである。

余談ではあるが、この互換が配られていないクランもあるため、全クランで使えるよう調整された

「レインエレメント ティア」

 なるものも配られている。(↓コレ)

 

カットラス互換

 

ダンシング・カットラスをはじめとする

「登場時にソウル2枚→手札1枚」

に変換できるユニット達の総称。

ソウルがたまりやすく、コストに余裕があるなら入れてみるのはアリ。

この序盤の一枚が試合の流れを変えることもあったりする。

 

⑪シズク互換

 

バミューダ候補生 シズクをはじめとする

「CB1(カウンターブラスト1)と自身のソウルインでデッキの上を5枚見てG3を回収できる」

というユニット群。

俺はG3引けねぇっていう人は入れることを推奨。

また、任意のタイミングで消えられるので、効果を使う前に退却されてしまうということが少ない点もGOOD!

 

 

とまあ、ここまで長々と書いたけど

・・・疲れた( ̄▽ ̄;)

ちなみに、オーソドックスな互換は書いたけど、まだまだ互換はあるから気が向いたら探してみるといいかも。

 

てなわけで今日はここまで。

次回はもうちょっと早く更新できるように頑張ります(;´・ω・)

ではでは~(・ω・)ノ